スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 環境構築(照明編) ~LED照明と蛍光灯~

大変お待たせいたしました。
前回に引き続き環境構築について書いていきます。
今回からは照明編ということで、照明器具についてや照明の当て方などに触れていきます。

今回はLED照明と蛍光灯についてです。


----------------------------------------------------


部屋についている照明器具の中で最もオーソドックスなのは蛍光灯だと思います。
しかし近年LED照明が省エネであることや、蛍光灯よりも明るいことなどから普及しつつあるので
みなさんの部屋でLED照明を使っている方も多いと思います。

しかし30万画素のwebカメラで撮影する場合、ちらつきが発生してしまうためオススメできません。
このちらつきはフリッカーと呼ばれる現象です。


以下Wikipediaより
フリッカー(flicker、フリッカ)は、
蛍光灯やブラウン管を用いたディスプレイに生じる細かいちらつき現象のことである。
原義は「明滅」「ゆらぎ」である。



ちなみに私事ですがこのたび引っ越しをしLED照明を購入しました。
以前よりLEDはペン回しに向かないという話を聞いていたのですが、
バタバタしていたこともあり、すっかり失念しておりまして

実際に撮影を行うとここまでひどいことになるのか・・・・と思った次第です。
ですので体験談も元にお伝えできればと思います。

LED照明をつけて撮影した動画をご覧ください。
Youtubeにアップロードするとフリッカーの様子がわかりにくかったので、
直接ファイルをアップロードしました。パスワードは「pen」です。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org825568.mp4.html


動画をダウンロードできない方はこちらをご覧ください。



我がチームに所属しているDenialの古い動画です。
このように帯が表れてしまう症状がフリッカーです。


ちなみに原因は一般家庭に配給されている電源がLED照明には不向きな電源であるためと言われています。
一般的に照明器具は電圧の変化により明るさが変化しています。
通常ではそれを感じることはできませんが、蛍光灯の寿命が近づくとチカチカするようになりますよね。

蛍光灯の場合は残光時間というものがあり、光が残るため気になるほどではありません。
しかしLED照明の場合、明るさが瞬時に変わるため残光時間が発生しません。
その結果ちらつき(フリッカー)を感じやすくなってしまうのです。


以上のことから、LED照明は30万画素カメラの場合不向きであるといえます。
フリッカーはかなり目障りなので発生しないように設定をしてみましょう。


また蛍光灯でもフリッカーが気になってしまうことがありますのでお気を付けください。
お使いの照明器具によって異なる場合がありますので、
試行錯誤をしながらカメラの設定や照明器具を変えてみてはいかがでしょうか。

P.S.あまりにひどいフリッカーは体調不良の原因となることもあるので、
照明器具を換えることが最良だと思います。


----------------------------------------------------

今回は以上となります。
次回は光の当て方と太陽光の重要性についてを予定しております。


拾い

久しぶりにちゃんと作りました。



曲はabingdon boys schoolのJAP。
曲名的に日本人オンリーにしようということで、過去のJapEnのタイトルやJEBロゴを盛り込んでみました。

まず大まかに本編で使う人を選んで、そのあとにOPに使う人を被らないように選出しました。
アップロードしてから気づきましたが、本編OP共に出てる人がいましたね・・・
こういう熱い曲は作ってて楽しいです。

今回はコリアン使って作るより苦労しました。
迷った時とりあえずこいつ置いとけばなんとかなるみたいなのがコリアンにはありますからねw
その反面この人本編で使いたいのに曲と合うとこがない!秒数全然合わない!というのも多かったです。
むずかしい。




あとwmvをGoogleDriveに放り込んでおきましたので、よろしければどうぞ。
過去に作ったやつ全部置いてあります。

https://drive.google.com/folderview?id=0B9RwfX6G7yVALXBiU2pNVUY2cTA&usp=sharing



NG×lvt

公開されました。



この企画の話が出たのは、去年の第1回PSAcupのCVが出揃った頃だったと思います。
どうせなら1位・2位になってコラボしたいよな~なんて話もしていました。
1度コラボ用の動画を撮り提出したのですが、気づけばなかったことになってました。あれなんだったんだろう。
そして本格的に企画が始動し、再度この動画を撮ったのが去年の11月。
JapEnに動画を出さなかった(出せなかった)理由のひとつが、この動画を撮るのにかなり手間取ってしまったからです。

編集に関しては完全に丸投げ状態だったので、そのうちhashとShadixがブログに書くのを見てください。
書けよ

ただデモverが上がってきたときは素直に感動しました。
皆うまいし編集もクールに決まってんナ~いいゾ~という感じ。





自分の動画についてもちょっと書きます。
内容的には昨年の集大成といった感じでしょうか。
新ネタを入れつつ今まで使ったコンボと同じ系統のものを入れたという感じです。
周りのレベルが高くなるのは目にみえていたので、その時できる精一杯を出したつもりです。

ただ何度か見返してるうちに白の袖はやめたほうがよかったな~と思いました。
ちょっと光が反射しすぎてますね。今後CV出る時は気を付けます。



----------------------------------

満を持して公開にたどり着いたこの企画ですが、本当にたくさんの人にお褒めの言葉をいただき
1出演者なのにすごくうれしかったです。ありがとうございました。

また個人的に上手いと言っていただけたりもしたので、本当に頑張ってよかったな~と思いました。
4月から社会人になるのでペン回しに触れれる時間も少なくなると思いますが、
この気持ちを忘れず精進していきたいと思います。

以上!

第5回 環境構築(机編)

大変お待たせいたしました。
撮影環境を整える上で、私が重要だと考えているポイントを書いていこうと思います。

環境と一言でいってもあらゆる要素が存在します。
机の色、背景の色、映り込む物、アングル、明るさ等挙げるとキリがありません。

一度に私が言いたいことを書くと、まとまらなくなってしまうので
今回は机について書いていきます。


----------------------------------------------------

・机の色とその特徴

ペン回しの撮影は昔から机で行われています。
当然机以外で撮影している方も多くいらっしゃいますし、
それが個性となり良い味を出していることもあるので参考までに


まずよく使われている机の色をご紹介します。

ナチュラル系統

3.jpg

最もオーソドックスな色です。
よく使われている理由として「映える色の多さ」があると思います。
暗めな色や濃い色が映えやすい机です。
私もこの色ですが様々な方が使っているので、面白味に欠けると感じることがあります。
Slofisさん、HALさん等多くのスピナーが使っています。


ブラック系統

RS-D8114.jpg

こちらも多く使われている色の一つです。
ナチュラルで映えない黄色等、明るめの色が映えます。
濃いブラウンもこの部類に入ります。
日本ではここ数年で一気に使う人が増えた色です。
かっこよさや渋さは出ますが、映える色が少ないので使えるペンが限られてきます。
代表的な使用者としてRiAsONさん、saku、Platini、Chamaさん等が挙げられます。


ホワイト系統

414486.jpg

近年ではあまり見かけませんが、以前はSEVENさん等が使用していました。
黒などモノトーン系のペンは映えますが、それ以外はパッとしない印象があります。
使いこなすには難しい色かもしれません。



・机の上に何かを敷く

基本的に机の色が白に近づくと暗い色や濃い色が映え、逆に黒に近づくと明るい色や薄い色が映えます。
自分が好きなペンの色に合わせて机の色を考えるのも良いでしょう。

しかし机は安易に買い替えることのできないものです。
そこで違う色のものを敷くという手段があります。

例を挙げます。Ebanさんの動画をご覧ください。



机は黒ですが紙を置くことにより暗い色のペンを映えさせています。
全体的に色の統一感があるのでまとまってみえますね。


ここで注意しなければいけないのは、
なんでもかんでも敷けばいいってもんじゃないという点です。


以下で個人的に敷くとNGなものを挙げておきます。
これについては好みが絡んでくるので、一概には言えませんが参考にしてください。

1.段ボール

一昔前よく見られました。
ノートPCのキーボード部分に段ボールを敷いてその上でまわすというスタイルが多かったと思います。
段ボールは茶色なのでよいのではと思われるかもしれませんが、個人的には貧乏臭さを感じてしまいます。

特によくないな~と思うのは、ペンを落としてついた傷がそのままになっている状況です。
これは机でもいえるのですが、傷がつきすぎて穴だらけになっているのを見るとあまり良い印象は残りません。


2.白い布

JapEn11thにてふかわさんが置いていた白い布について物議が醸されました。
こちらも段ボールと同様に貧乏臭さが出てしまうと思います。

同じ白でも紙と布ではかなり印象が違うので気を付けましょう。


3.カラフルな本や紙

例えば雑誌やチラシ等です。
あまり見かけないので大丈夫かとは思いますが一応挙げておきます。

まず様々な色が混在しているとチカチカしてしまう点、
また大きな文字が書かれているとそこに目がいってしまう点がNGである要因です。

この2つの共通点として「ペン回しに集中できない」ことが挙げられます。
いくら環境が重要であるとはいえ主役はペン回しです。他に気が散りそうなものは避けましょう。


----------------------------------------------------

少々長くなってしまいましたが、今回は以上となります。
次回は近いうちに

ブログの限界

を、最近感じてます。
そんなこという前に撮影Tips更新しろよって話なんですけども。


-------------------------------------------

最近Chanponさんがやっている週末うp祭り
参加させていただいてます。うp祭りなんて響きが懐かしいレベル。





JEBチャットに顔を出していた時なんかはよく開催されていたイメージがありますが、
ここ数年はめっきり見なくなり、うp祭りなんてあったなあと今回の企画で思い出すほどでした。

時代の流れとしてTwitterが主な活動場所みたいになった今だからこそ、
うp祭りって気軽にできそうなんですけどね。
ハッシュタグなんて便利なものまでありますし。#JEB即席とかいうのはどこへいったんだ
「#深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」とかのようにお題を出して、
時間内に投稿するというスタイルはうp祭りそのものでしょう。


-------------------------------------------

そういえば新居決まりました。
千葉県民になります。


プロフィール

Jujorous

Author:Jujorous
HN:Jujorous

skypeID:聞かれれば教えます

CV等の元動画はこちら↓
https://www.dropbox.com/sh/dc07sfoywkhzv4x/AADE1vxkFnyHo8oC5twgtANBa?dl=0






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。