スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 カット、エンコードができるソフト

今回はエンコードの方法について書いていきます。

そもそもエンコードとは、「データを一定の規則に基づいて変換すること」です。
ペン回しにおけるエンコードは、撮影した動画を扱いやすい拡張子に変換し、
容量を小さく圧縮することを指すことが多いです。

前回書いた記事のようにWEBカメラを用いて撮影した動画ファイルはそのまま提出するには適していません。
また多くの方は長時間撮影し成功した部分だけカットして1つのFSとして扱います。

そこでカットとエンコードが可能なソフトを紹介していきます。


・AviUtl
AviUtlは最も扱いやすく、最も使われているソフトの1つです。
カット、エンコードはもちろんプラグインを追加することで様々な機能を使えるようになります。
無料のフリーソフトとは思えないほどに、色々なことができるので一番オススメです。

DLはこちら
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

DLするバージョンはどれを選んでも支障はありませんが、
プラグインを導入したい場合は、対応したバージョンを選ぶようにしてください。

基本的な使い方はこちら
http://niversan.blog.fc2.com/blog-entry-83.html


・WindowsMovieMaker
おそらく多くのPCに入っていると思います。
カットなど最低限の作業はできますが、細かく設定してエンコードすることができないのでオススメはしません。
手軽なのでとりあえず使ってみるのもいいかもしれません。

使い方については割愛します。



その他無料で使える編集ソフトやエンコソフトは多々ありますが、一番良いのはAviUtlだと思います。
使い勝手の良さ、できることの幅広さは一番です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jujorous

Author:Jujorous
HN:Jujorous

skypeID:聞かれれば教えます

CV等の元動画はこちら↓
https://www.dropbox.com/sh/dc07sfoywkhzv4x/AADE1vxkFnyHo8oC5twgtANBa?dl=0






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。