スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生初の1人旅 -2日目- 白川郷





今回は高山市街からバスで1時間弱
世界遺産の白川郷の様子を書いていきます

主に「ひぐらしのなく頃に」の聖地巡礼という感じで


では追記から

この記事は「ひぐらしのなく頃に」のネタバレを含みます
作品を見てない方等は、アニメを見るなり原作のゲームをプレイした後に見ることをおすすめします


8/31の朝
7時半に起床

とりあえずチェックアウトをすませて濃飛バスセンターへ

白川郷から高山へ戻るバスは予約済みだったのでその趣旨を伝え往復乗車券を購入

写真 2013-08-31 9 17 07

バスを待っている間に朝食にと買ったクリームパンと缶コーヒーをすすりつつ
ipadにいれておいた雛見沢観光案内地図というものを見ながらどのようにまわるかを考えているとバスが到着

この地図すごくよくできていてこの1日本当に重宝しました
製作者の方本当にありがとうございました

そしてバスに揺られること1時間弱






ついに到着!

とりあえず集落の方へ行こうということでであい橋というコンクリートの吊り橋を渡りました



橋からの1枚
この川はひぐらしでは綿流しをしていた川

そして橋を渡ってすぐのところにはお土産屋さんや軽食がとれる喫茶店等が数店ありました
まぁ普通に観光地ですからね。外国からの観光客も多かったです


最初は古手神社のモデルとなった白川八幡宮へ



おお・・・
と、普通に作中に出てくる古手神社と同じなので感動しました

聖地巡礼みたいなことをするのは初めてだったということもあり
ここでようやく来たんだなぁと実感






ここが作中で梨花ちゃんが殺されていた場所ですね



実際ここに子供を寝かせるには狭いですねw


そしてこの場所といえば有名ですがひぐらし関連の絵馬


クオリティが高いものが多いw
さすがとしか言い様がない


とりあえず展望台へ登ろうと無料シャトルバスの発着場へ



発着場はちょっとした案内所と公衆トイレが

ちなみにこの白川郷には公衆トイレがいろんなところにあります
自然の中の観光地ということで配慮されているのかな

時刻表を見ると前のバスが出たばかりだったので
バス停付近にあるレナと待ち合わせしてた場面の場所へ行くことに



ここは本覚寺というお寺の入口
結構アレンジされているので言われないとわからない場所かもしれません

時間になったのでバス停へ
展望台への車中から合掌造りの屋根を修復している場面を見ることができました

そして展望台へ到着



白川郷といえばこの景色
ガイドブックなんかにもよくこの景色の写真が掲載されてますね

本当はここからの夕焼けを見たかったのですが
話によればどの季節でもひぐらしの作中に出てくるような綺麗な夕焼けは見れないとのこと





ここは作中でも様々な場面で使われています

そしてここからすぐ横には萩町城跡が


原作のゲームではここは梨花の秘密の場所だそうで
アニメでは部活メンバーでピクニックをしていた場所です

そのことをすっかり忘れて城跡の写真は上記のものと
この記事の一番最初に貼った石碑?しか撮れてませんでした

少し残念


この展望台から集落のほうへ降りる道は作中でもよくでてきた通学路





ここ薮の中に隠れようとするとがけに転落します
絶壁になっているので
圭一の真似しようとすると大怪我するのでやらないようにw

嘘だ!!!の場面とあははははの場面もここです


そしてこの坂を一番下まで下ると梨花ちゃんハウスと北条家とレナの家があります



完全に一致

実はここで私と同じように梨花ちゃんハウスを撮影している人がいました
あっ(察し

傍から見れば私もなんですがねw






こちらは北条家
アニメでは反転されてましたね




こちらがレナ家
もう1軒この近くにモデルとなった民家があります

地図で見るとわかりやすいですがこの3軒ほんとにすぐ近くにあります


これ全部一般の民家で何かの施設というわけではないんですよね
なのでここで写真撮影してる方がいればほぼ間違いなく聖地巡礼で訪れてる人だと思いますw


続いて訪れたのは園崎本家のモデルとなった和田家


この建物は国の重要文化財に指定されています


入館料300円を払えば中を見学できます
もちろん見学してきました







ここは園崎本家(和田家)内
ゲームでは反転されています

なぜか机の向きが変わっていました


階段を昇ると合掌造りの屋根の裏側が間近で見ることができます





窓からの景色はこんな感じ
風情がありますね



同じ窓から下を見るとこの屋根が
実はこれ学校でレナと圭一が対決した場面のモデルだそうで

ちなみに雛見沢分校のモデルとなった営林所はこの萩町から離れた場所
しかも既に取り壊されてしまったとか
圭一が沙都子に突き落とされた吊り橋も離れた場所にあります

どちらも車でもなければ行けない場所なので今回は断念



これは和田家の2階にあがる階段を上から撮ったもの
作中では園崎家地下の儀式部屋への階段です
ゲームでは左右反転されています

そして再び1階へ



階段を降りてすぐの場所には囲炉裏があります
記念撮影用のパネルもあります

1階にはこの他にとても立派な仏壇や和田家の歴史の紹介がありました


次にすぐ近くにある神田家へ

ここはひぐらしの舞台とは関係ありませんがせっかくなので中を見学してきました







どの合掌造りの家もそうですが囲炉裏の上は格子状になっており煙がとどまらないようになっています



2階は使用人が寝起きしていたスペース
とても天井が低く居心地が悪そうですね
2階というより中2階といった感じ





3階は生活に使われていた器具が展示されていました
合掌造りの屋根の構造が手に取るようにわかるようになってます

4階へは行けなかったので手を伸ばして撮影




そして萩町から少し離れた場所にある道の駅へ

その道中には入江診療所(白川診療所)が




ここで撮影してる人がいれば間違いなくクロですねw
実際に診療所として営業されているようです

歩いて20分ほどで道の駅白川郷へ到着



2kmくらいですかね
必要以上に外出しない私にとってはかなりつらかったです

おかげで筋肉痛になりましたw


この道の駅から車道をはさんで向かい側には祭具殿のモデルとなった飯島八幡神社があります





境内は案外狭かったです
ここでは地酒であるどぶろくに関するお祭りが開催されるようです
今年は10/16,17に開催されるようなので興味がある方は是非

そして道の駅の裏側には前原家のモデルとなった白川クリーンセンターがあります





ここは下水事業に関する施設のようです
とても人が住んでそうな建物ではありませんねw

そして道の駅でちょっと休憩して萩町へ戻ることにしました

また2kmほどの距離を歩いて戻る道中でレンタサイクルの自転車に乗った人に数人会いました

レンタサイクルなんてあったのね・・・
借りればよかったとちょっと後悔

萩町に戻ってきてアニメの解のOPに出てくる全員との待ち合わせをする場面を探すべく適当に散策
先ほど道の駅で休憩しているときに他の聖地巡礼をした方のブログを参考に見当をつけた場所へ

すると割と簡単に発見!





実はここ展望台へ向かう無料シャトルバスの発着場の裏手にありました
ちょっと入り込まないと見つからない場所です

展望台へ向かうときに見つけていればと思いましたが
あまり情報がなかった割には簡単に見つかったのでよかったです


するとすでにバスの時間まで1時間ほどだったので
急ぎ足で魅音との待ち合わせに使われていた水車小屋と園崎庭園を見に野外博物館へ

野外博物館は駐車場の隣なのでもう一度であい橋を渡って戻りました



入場料は500円
入ってすぐのところには合掌造りの屋根を模したものが






進んでいくと水車小屋が






博物館なので整備はされていますがこの周りは林のようになっていて
待ち合わせの場所としては微妙かなという感じでしたw





このようにある建物の中は見学することができ、様々な展示がされていました


さらに進むと園崎庭園のモデルとなった場所が





アングルはよくわからなかったので適当です

1枚目の写真を撮影した場所には滝が



風情がありますなぁ


その後ちょっと時間があったので河原へ降りてみることに






大きな石がごろごろしているので歩きにくかったです
ここで綿流しのお祭りを開催するのは辛そうw


そしてバスの時間になったので高山へ

晩御飯は名古屋のホテルでと思っていたので
軽めにコンビ二でおにぎりを購入

のちのちここで携帯の充電器を買えばよかったと後悔しました

なぜ後悔したかというとこの時点で既に充電が10%ほどだったのです

しかも急に強い雨が

写真 2013-08-31 18 44 46

名古屋まではさすがにもつだろうと考えた自分が甘かった・・・・

18:45
定時通りに特急ひだ号が出発

乗ってすぐ先ほど購入したおにぎりを食べ終わりホテルに着いたら何するかなーと考えていると・・・

次の停車駅である下呂に着く前に
雨の影響で運転見合わせになりました


おいおい・・・
ちゃんと名古屋に着くんだろうな・・・


ようやく出発するのかと思ったら今度は
線路の安全確認をしておりますとアナウンスが

しかもやけに時間がかかっている

ようやく動き出して下呂に着いたのが
なんと22:30頃

ちなみに名古屋着は21:02の予定

この時点で定刻を1時間半オーバーしていました

さすがにヤバイと思いホテルへチェックインが遅れるという連絡をいれようとすると
充電3%

充電が完全に切れる前で本当によかったです

そしてホテルに電話しチェックインが遅れることを伝え
一応名古屋に滞在していた父にも今の状況を連絡

そして完全に充電が切れました


ここからが中々辛かったですね
下呂駅でもこの先の線路の安全確認をしているとのことで中々発車しませんでした

ようやく発車したのが23:10頃

発車したとはいえ徐行でのろのろと進む


いつになったら名古屋に着くのかわからないという状況で
唯一情報を手に入れることができるiphoneの充電が死んでしまっているというのは
かなり精神衛生上よくありませんでしたw

しかも加速したと思ったらまた徐行の繰り返しだったのでなおさら・・・

次の美濃太田駅に着いたのは既に日付が変わった午前1時でした


ここからはそれなりに順調に進み結局名古屋駅に着いたのは1:48





こんな新幹線のホーム見たことねえよ・・・


向かいのホームには車中泊ができるように別の車両が待機してました
その日のうちに名古屋以外の場所に帰る予定だった人はこの列車ホテルを利用するか急遽ホテルをとったようです

なんでも2時間以上遅延したので料金を全額払い戻してくれるそうで
切符にその証明の判を押してもらい外へ



深夜2時の名古屋駅金時計の様子


タクシーを拾ってホテルに向かうことも考えましたが深夜料金が怖いので歩いてホテルへ向かうことに
伏見なので歩けない距離ではありませんでした

ホテルへ向かう道中にあったコンビ二で携帯の充電器とカップ麺を購入

充電しつつホテルと父に連絡を入れてなんとかホテルへ到着


チェックインをすませ部屋に荷物を置き24時間入浴可能の温泉へ
この大浴場の温泉は本当にありがたかったです

あ”~~~~とおっさんみたいな声を出しつつ入浴して部屋に戻りました

部屋でカップ麺を食べつつなんとなくTVをつけると「水曜どうでしょう」がw

見終わると同時に就寝
まさに死んだように眠ってしまいました




中々内容の濃い1日でしたねw

いい経験になったと思うことにしました
実はこの日の筋肉痛が3日頃まで続いていました

この日は忘れられない1日になりそうですw


そして3日目
リニア鉄道館の内容はまた後日書きます

この記事書いてる時一度途中でブラウザが落ちてしまい
後半は書き直したのでちょっと適当になってしまいました

そこらへんはご愛嬌ということでw

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イイネ!

>>hash
めっちゃエンジョイしたで
プロフィール

Jujorous

Author:Jujorous
HN:Jujorous

skypeID:聞かれれば教えます

CV等の元動画はこちら↓
https://www.dropbox.com/sh/dc07sfoywkhzv4x/AADE1vxkFnyHo8oC5twgtANBa?dl=0






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。